チラシ印刷のメリットはコチラ|コスト削減も可能

男女

伝えたいことを考えて

カラーチャート

強弱をつけるのがコツ

チラシのデザインは、チラシの効果を高める上で非常に大切です。おしゃれなデザインをただまねればいいというものではなく、伝えたいことが何かを考えて作らなければなりません。チラシを作るとき、多くの人が業者に依頼します。業者に依頼する場合、デザインも依頼する場合と印刷のみを依頼する場合がありますが、いずれにしても伝えたいコンテンツを考えるのが先になります。紙面には限りがあるので、伝えたいコンテンツの中でも強弱をつけるのがポイントです。最も伝えたいことは大きく目立つようにのせ、そこまででもない情報は小さくのせるか思い切って削除します。あれもこれもと欲張るのは逆効果で、本当に伝えたい情報に限る方が効果は高くなります。デザインを業者に依頼するときは、このような点を意識して伝える方がよいでしょう。チラシを作るときには、レイアウトも重要です。人の視線は決まった方向に動きます。左から右、上から下に動くようになっているので、その動きに沿うような形でレイアウトをくむと内容を見てもらいやすくなります。必要に応じて枠で囲んだり、段組をしたり、余白をもうけたりするとより読みやすくなります。業者に依頼するときは、ターゲット層も意識して伝えましょう。若者がターゲットなのか、中高年がターゲットなのかや、男性向けか女性向けかによっても変わってきます。それによって作る雰囲気も変わってくるので、ターゲット層はあらかじめ絞り込んでおくのがポイントです。